• プロフィール
  • 美醜
  • アンチエイジング
  • 美容・ダイエット
  • その他

  • 後悔してることの一つ「恋愛」これが大きい



    Twitter

    2017.10.25

    こんにちは、マイです。

     

    皆様は後悔してることってありますか?

     

    私はあります。

     

    それは学生時代に遡ります。


    スポンサーリンク


    学生時代は後悔以外ない。

    私には、後悔してることがあります。

     

    それは、恋愛経験が少ないことです。学生時代なんて全くでした。

     

     

    デブ・ブス・根暗という3重苦。スクールカースト最底辺。

     

     

    もちろん、年頃の子みたく、恋愛で純粋に好き合って大切にされて、という思い出なんて夢のまた夢だった。

     

     

    彼氏以前に、男性というものはブスを虐げていいと思ってる人もいる。

     

    そこまでじゃなくても、態度がほかの人に対してと違う。

     

     

     

    だから、彼氏作る以前の問題だった。

     

    容姿で自信がどうしても持てなくて、怖くて一歩踏み出すこともできなかったのです。

     

     

    でもね、若いうちにいい恋愛はした方がいい。

     

     

    大切にされることは、肯定されることだし、それが自信に繋がってくるのです。

     

     

    いい恋愛から得られることってすっごく大きい。

     

    楽しいこともあるかもしれないけど、色々と考えさせられることも多いのです。

     

    そこには「他人」がいる。その人の気持ちを考えたり、そこに思いやりがなければ続けることは難しくなったりする。

     

     

    なので自分を見つめることにも繋がるように思いますが、その分、コミュニケーション能力は磨かれます。

     

    そして、他人を受容するということも勉強になります。

     

     

    逆に、恋愛を経験する機会が無いと、世間から「モテない」という、人として否定されるような烙印を押されるように感じてしまいます。

     

     

    それは、年齢重ねれば重ねるほどコンプレックスは大きくなります。

     

     

    女性なら女性として自信が持ちづらくなりますし、男性なら男性として自信を持ちづらくなるように思います。

     

    気持ちは痛いほどわかります…!!

    (だからこそ怖がらずに勇気出してちょっとでも積極的になっていただきたいと感じます)

     

     

    大切にされたら、相手だけでなく周囲にも大切にしよう。と思えるもの。そうゆう人には人が集まるし、好循環になるのです。

     

     

    でも、そうゆう経験がないと、相手をどうやって大切にするのかピンとこない部分はあると思います。

     

     

    思いやり、とは本来ならば社会生活を送るための常識に近いもの。それができないと残酷なことに、非常識のように思われるリスクがあります。

     

     

    日本は「空気を読む」社会。

     

    相手のことを考え、お互い思いやりあう文化だから、という部分はあると思います。

     

     

    私自身、過去に容姿のことから嫌な思いばかり経験したので、辛くて生きるだけで精一杯で他人に目を向けられなかった人間にとって、他人に思いやりをもつことなんてどうやればいいのか分からなかったしできなかった。

     

     

    それを反省しており、人を大切に、思いやりをもつ。丁寧に生きることを意識しております。

     

    はたから見たらまだ未熟かもしれませんが。

     

     

    なので、学生の頃の恋愛のように人から大切にされる経験は、その人の今後の人生の「ベース」になります。

     

    ベースができてる人は強いです。人から大切にされることによって色々と学び、それを色んな人間関係にも生かせる。

     

     

    そのためには、入り口として、見た目を整えることって大事なことなのです。

     

     

    見た目は、全てに影響してるように感じます。

     

     

    例えば、キチッとした服装をしてる時って、不思議なことに気持ち的にも服装に合った雰囲気に近づきます。

     

     

    まずは、きれいな服、髪型にして、身ぎれいにするだけで、意識は変わってくると思います。

     

     

    だからこそ、おしゃれをさせてもらえない家庭環境は虐待と同義語に感じるのです。

     

     

    それを「教育だ」と言う人もいらっしゃいますが、見た目を整え、人とコミュニケーションを磨く機会を奪って、社会生活を送りづらくすることは教育ではありません。虐待です。

     

     

    なので、皆様が縁に恵まれるように祈っております。

     


    Twitter

    スポンサーリンク

    ■関連記事■


  • ▶︎ きれいな言葉遣いで女性として魅力上げ!


  • ▶︎ ちょっとしたことで自分で自分の機嫌をとること


  • ▶︎ ファッションって人からどう見られたいかが大事


  • ▶︎ ファッションセンスと仕事できるできないは関係あるのか


  • ▶︎ ブスでもきれいになれる!”きれいな人”の判断基準って?
  • 人気の記事


    プロフィール

    名前:マイ

    昔デブだった。人間扱いされなかった。引きこもった。ダイエット成功して人間扱いされるようになったが垢抜けないモサ子な時期が続く。垢抜けたら周りからの扱いが昔と天と地の差。女性は見た目で人生決まる。ちなみに私の言う「見た目」は顔の造形ではない。色々書いたりしてます。

    詳しいプロフィール