• プロフィール
  • 美醜
  • アンチエイジング
  • 美容・ダイエット
  • その他

  • ちょっとしたことで自分で自分の機嫌をとること



    Twitter

    2017.10.4

    こんにちは、マイです。

     

    皆様はちょっとした嬉しいことってありますか?

     

     

    嬉しいことがあると、それが周囲にも伝染して好循環が生まれるように思うのです。


    スポンサーリンク


    ちょっとしたことでも良いことがあると嬉しいですよね。

    ちなみに、ちょっとした嬉しいことですが…私は些細なことでしたがありました。

     

    それは、外でおかずを買った時、店員さんに「お箸は何膳お付けしますか?」と聞かれたことです!

     

    それのどこが嬉しいことなんだよ。と、思いますよね。

     

     

    私が根暗デブスだった頃は、そんなこと聞かれたことはあまりありませんでした。

     

    きっと店員さんは、「どうせ一人で食うんだろデブ(笑)」と思っていたのかもしれません(苦笑)

     

    もし、「箸●膳つけてください」と言ったとしても、「見栄張ってんじゃねえよブス」と思われたのかもしれません(苦笑)

     

     

    なので、努力したことから、こうゆうふとした些細なことも嬉しくなるのです。

     

     

    自分で自分の機嫌をとることの大切さ

    以前は嫌なこと辛いことがあっても、ふさぎこんで、時には他人に当たったり、気を使わせたりしたこともありました。

     

    でも、最近思うのは、自分の機嫌は自分で取った方が、自分にとっても、周囲にとっても、良いことだと思うのです。

     

    だって、人って、ニコニコと明るい雰囲気出してる人に寄せ付けられますよね。

     

    もちろんそうゆう方って、努力して、”そうゆう自分”になっていると思われます。

     

     

    いつもご機嫌でいることは、他人から見ても安定感・安心感があって、近寄りやすい。などメリットがたくさんありますし。

     

     

    なので、自分で自分のご機嫌をとることは、コスパがいいことだと思うのです。

     

    それが、食べ物かもしれないし、美容グッズだったり、エステだったりなのかもしれません。

     

     

    何かちょっとしたことでも、自分が元気になれることがあるのなら、ちょっとしたプチ贅沢も、良いと思うのです。

    (ちなみに私の場合はおいしいものを食べることです笑)

     

     

    いくら見た目が良くても、機嫌悪くしてたら、近寄りがたいですよね。

     

    なので、見た目だけでなく、中身も一緒に、両方磨いていった方が、より自分を高められると思うのです。

     

     

    と、偉そうなこと書いちゃっておりますが、自分も精進していけるように頑張ります!


    Twitter

    スポンサーリンク

    ■関連記事■


  • ▶︎ ブスが見える世界、美人が見える世界


  • ▶︎ ブスは卑屈になりやすくなる


  • ▶︎ ブスは性格が歪んでる、と言われるけど、歪むよ。


  • ▶︎ ブスは悪循環。きれいは好循環
  • 人気の記事


    プロフィール

    名前:マイ

    昔デブだった。人間扱いされなかった。引きこもった。ダイエット成功して人間扱いされるようになったが垢抜けないモサ子な時期が続く。垢抜けたら周りからの扱いが昔と天と地の差。女性は見た目で人生決まる。ちなみに私の言う「見た目」は顔の造形ではない。色々書いたりしてます。

    詳しいプロフィール